Dirt Nap / Long Songs For Short Term Friends CD

クリックで画像を表示
Kansas City Pride!90年代からSeason To Risk、Shiner、Molly McGuire、Germbox、Giants Chair、Boys Lifeなどと共にカンザス・シーンを盛り上げていたDirt Napの2002年リリース超絶名盤2ndアルバム[Long Songs Term Friends]です!
1997年にリリースされた1stアルバム[Below The Speed Of Sound]もShiner(1st)ミーツSlintなサウンドで最高だったんですが5年後の2002年にリリースされたこの[Long Songs Term Friends]はその名盤1stを越える完璧なアルバムを創り上げてしまってます...個人的にHum [Downward Is Heavenward]、Shiner [Starless]、Castor [Tracking Sounds Alone]と本気で肩を並べる波系ギターバンドの超名盤だと思います!
ゆったり~どっしりと響くパワフルなリズム隊に繊細さとヘヴィーさを兼ね揃えたコード感が心地いいギター、気だるいんだけど切なくも聴こえてくるヴォーカルとどれを取っても完璧なバランス!ホント最高です!
Allen Eplay(The Life And Times、ex-Shiner)が#2のヴォーカルで参加。
更にPaul Malinowski(ex-Season To Risk、ex-Shiner)とJoel Hamilton(ex-Iron Rite Mangle、ex-Shiner)録音で完璧!

現在Gu/Vo.のWilliam SmithとDr.のPete LaporteはRoman Numeralsで活動中!
Gu.のWade WilliamsonはStella Linkへ...
Dirtnap事態は今でもたまにライブを演ったりしてるので解散はしてないようです。アルバム作ってくれないかなぁ...

bandcamp


2014/9/26 UP